THE LEGO MOVIE

LEGOムービー

実はほぼ全篇CG

残念ながらLEGOブロックで遊んだことはないが、それでも十分に楽しめた。
世の中に多数いると思われるレゴブロッカー目当てのストップモーションアニメだと思い込んでいたので、売り場の目立つ場所で見かけても無視していた。現金な物でこの監督が「ハン・ソロ」の監督に一旦は任命されたということで急速に興味が湧いてしまった。
センサーに一番響いたのは、ストップモーションと思わせておいて、実はほぼ全篇CGで作られているという所だ。
観てみると、レゴブロックを使ったストップモーションアニメで、このクオリティのものを作るのは不可能に近いだろうと思った。水や炎、雲に至までブロックで作ったという設定を貫き通している映像表現が素晴らしい。特に雲の上の表現は秀逸だ。
こういった映像表現だけが目玉かと言えば、ストーリーも単純なもののように見せかけてなかなか深いものがある。「上にいる御方」の正体に、そうきたか!と膝を打った。
»»鑑賞日»»2019/03/30

●原題:THE LEGO MOVIE
●制作年:2014
●上映時間:100min
●監督:フィル・ロード+クリストファー・ミラー
●キャスト:森川智之/山寺宏一/沢城みゆき/玄田哲章
●お薦め度:★★★★


◉くもりときどきミートボール

フィル・ロード&クリストファー・ミラーのコンビ監督の出世作。未見だけど、こうなるとコレも観てみたい。しかしこれはパート2とも併せて1200円程度(2019/3/30現在)とは恐ろしくコスパの高い値段設定だ。同じ作品のDVDとBDの抱き合わせ商法に勤しんでいるどこかの会社にツメのアカでも煎じて飲ませたくなるのう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です