Ralph Breaks the Internet

シュガー・ラッシュ:オンライン

自分がひねくれているということは百も承知だけど、お話自体は友情とか思いやりといったことが表向きのテーマなんだろうが、そこいらへんのクサい事柄には何の共感も覚えない。
製作者は、インターネットの世界を皮肉を込めて、見事に擬人化させて描いている。20年前の人間がこれを観ても付いて行けないと思うが、現在の殆どの人には、そうそう!うまい!と小膝を叩ける表現で作り込んでいる部分が最大の見所だと思う。
この作り込みを表現したいためにストーリーを後付けで考えるのに苦労したんじゃなかろうか…と想像してしまう。
そして、恐ろしいまでのキャラクターの数!なんちゅう作り込みや!恐れ入りましてございます。
»»鑑賞日»»2019/10/23

●原題:Ralph Breaks the Internet
●制作年:2018
●上映時間:112min
●監督:リッチ・ムーア+フィル・ジョンストン
●キャスト:ジョン・C・ライリー(山寺宏一)/サラ・シルバーマン(諸星すみれ)/ガル・ガドット(菜々緒)
●お薦め度:★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です