KINGSMAN : THE GOLDEN CIRCLE

キングスマン:ゴールデンサークル

贅沢な話だけど、アクションてんこ盛りすぎておなかいっぱいになってしまう。
技術の限りを注ぎ込みました感が伝わってきて、逆にしんどくなってしまう。
アクションのスゴさに比べて、敵勢力をバカっぽく描き過ぎだから、その所為セイもあって滑っとるな感で覆われてしまった。
なかなかその辺の塩梅は難しいってことですな。「キックアス」に大感激してマシュー・ヴォーン監督を追いかけてきたが、キックアスが奇跡の一本になりつつあるのは残念なことだ。

最大の見せ場はマーリン自爆のくだりだと思う。マーリン役の人(マーク・ストロング)はなかなかいいですね。この人、キックアスでは敵の親玉を演じている。
実は身内のアイツが……なパターンも飽きてきました。
主役の若造にあんなスウェーデン王室の彼女なんかいたっけ?全く憶えていないや。
動くエルトン・ジョンを初めて見た!こんなハジけた爺さんだとは知らなんだ。
»»鑑賞日»»2018/10/23

●原題:KINGSMAN : THE GOLDEN CIRCLE
●制作年:2017
●上映時間:140min
●監督: マシュー・ヴォーン
●キャスト:タロン・エガートン/コリン・ファース/ジュリアン・ムーア/マーク・ストロングチャニング・テイタム/ペドロ・パスカル/ハル・ベリー
●星の数:★★★


これぞ、キレッキレのアクションの神髄。ヒットガールのアクションにはドギモを抜かれる。ツタヤでしか借りられない。★を10ぐらいあげたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です